ブーツを長くよい状態に保つには、一日履いたら、最低でも一日は休ませます。ブーツを脱いだら軽くブラッシングしてホコリを落とし、少し乾かして湿気を抜き、シューキーバーを入れると型くずれが防げます。
私はブーツのお手入れで大切なのは磨くよりも形を保つことだと考えています。形を元に戻す矯正タイムを設けましょう。シューキーパーは湿気をとる木製がおすすめですが、何足分も揃えると費用がかかりますから、プラスチック製などの手に入れやすいものでもかまいません。


蒸れやすく、型くずれしやすいブーツは、脱いだら除菌防臭スプレーをして少し乾かしてから、ブーツキーパーを入れるか、ブーツの中に入れるタイプの乾燥防臭剤を入れたうえでブーツキーパーを入れるといいです。


汚れたり、革の表面がかさついてきたと感じたら、本格的にお手入れしましょう。
表革なら、ブラッシングでほこりを落とし、革のクリーナーをやわらかい布に少量とり、ブーツ全体を掃って、汚れや前に塗った靴クリームを落とします。それから靴クリームを少量別の布にとり、丸く円を描くように、ブーツにまんべんなく塗ります。クリームが多すぎてもひび割れの原因になるので、適量をつけましょう。そしてクリームがついていない布で磨き、ツヤを出します。最後に防水スプレーをかけ、乾かします。
靴クリームにぴったりの色がないときは、ブーツより薄めの色のクリームを使うべき。濃い色は色ムラの原因になります。